確定申告に関して悩みがあるなら!

「確定申告、何から始めたらいいの?」そんな方は、税理士に相談してみて下さいね!

相談は無料ですから、気軽に相談ができます。

あれもこれも経費記事一覧

確定申告の節税は経費をどれだけ計上できるか?個人事業主の節税は経費をどれだけ計上できるかにかかっている個人事業者の所得の計算は、売上高から必要経費を差し引いて計算します。売上高−必要経費(売上原価+諸経費)=所得金額 となります。つまり、所得金額が小さくなれば税金も少なくなるわけですが、この、所得を減らす方法は、実は2つしかありません。「売上を減らす」か「経費を増やす」かの2つです。しかし、売上高...

領収書がなければ経費にできない?支払いを証明できれば領収書でなくてもレシートでよい税金を安くするには、2つの方法しかありません。「売上収入を減らす」か「経費を増やす」か、です。しかしながら、売上収入を減らすと、事業の将来にかかわります。また、数字を操作して売上を減らすと、それは脱税になってしまいます。したがって、個人事業主、フリーランスの方の税金を安くするには、経費を積み上げることなのです。事業の...

家事関連費は使用割合等によって按分する家事関連費も経費に計上して節税家事上の経費、つまり個人事業主の生活費や個人的な趣味のための費用が、事業の必要経費にならないのはいうまでもありません。しかし、事実上の経費のほかに、家事関連費(家事上の経費に関連する費用)といわれるものがあります。家事関連費とは、家事上の経費と事業用の経費が一体となって支出される経費のことです。たとえば、水道代、電気代、電話代、地...

個人事業主は接待交際費が使い放題?!生活費を経費に計上しようというとき、使い勝手がいいのは接待交際費です。あまり知られていませんが、個人事業主にとって「接待交際費」というのはとても有利にできています。というのも、個人事業主は、税務上、接待交際費の限度額がないからです。つまり、個人事業主は原則として交際費をいくら使っても経費にすることができるということです。法人の場合は、接待飲食費の50%相当額を除...

確定申告の前に消耗品を多めに購入して節税事務用消耗品を必要経費にして節税消耗品については、使ったものだけをその年の必要経費に算入するのが原則です。使わずに残っているものについては、年末にその数量を確認し、資産(在庫)として計上することになっています。ただし、事務用消耗品などについては、次の条件が満たされれば、資産計上はせずに購入時に必要経費として処理できることになっています。1.毎年おおむね一定数...

家族旅行やプライベート旅行を仕事の旅費家族旅行を出張にする経費を大きく膨らませる方法に旅費交通費という科目があります。旅費交通費というのは、文字通り、旅行をしたり、どこかに移動したときにかかった費用のことです。とはいっても、何の制約もない自由な旅行の費用を経費にできるわけではありません。確定申告で旅費交通費として必要経費に計上するためには当然のことながら条件があります。その条件とは、「事業に関係の...

減価償却の手続き減価償却って何?事業などの業務のために用いられる建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産は、一般的には時の経過等によってその価値が減っていきます。このような資産を減価償却資産といいます。他方、土地や骨とう品などのように時の経過により価値が減少しない資産は、減価償却資産ではありません。減価償却資産の取得に要した金額は、取得した時に全額必要経費になるのではなく、その...

経営セーフティ共済って何?中小企業倒産防止共済制度、経営セーフティ共済の概要経営セーフティ共済(別名:中小企業倒産防止共済制度)とは、取引先事業者が倒産した際に、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防ぐための制度です。無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金または必要経費に算入できる税制優遇も受けられます。簡単に言うと、「毎月いくらかのお金を積み立ててお...

※節税対策は税理士選びが成否を分ける!


個人の所得税でも、会社の法人税でも、「節税対策は税理士選びが成否を分ける!」と言っても過言ではないでしょう。

決算書・申告書を作成する税理士次第で税金は大きく変わってしまいます。

会社の税務申告には、ほとんどの場合、税理士事務所に依頼していることが多いと思います。
個人の所得税確定申告は、ご自身である程度できますから、税理士に報酬を払って依頼するケースは、事業の規模によるかもしれません。

個人の所得税の節税も税理士事務所によって大きく変わります。

税理士事務所が税務署寄りの考え方なのか、そうでないのか、同業種・同規模の事業者でも依頼する税理士事務所によって、所得金額は大きく変動します。

来期は銀行から借り入れの予定がある、住宅を購入するために住宅ローンを組む、などの理由から、所得を多めに確定申告をする必要があるかもしれません。

逆に融資を受ける予定がない場合は、できるだけ節税するように心掛けるべきです。

社会保険料や消費税率の引き上げにより、社保・税金の負担は増えるばかりです。

また、税務調査対策も、税理士の対応次第で結果は大きく変わります。

所得税の確定申告や税務調査の対策は、柔軟な対応をしてくれる税理士事務所に依頼するようにしましょう。